toggle

質問に対する先生のかんがえ【第2回新型コロナウィルスに関する市民アンケート】

 

 

Point

  • 通常のお散歩ではそれほど心配しなくてもよい
  • 散歩中のソーシャルディスタンスには注意
  • 草むらなどには注意を、ノミダニ感染予防にも効果
  • 屋内飼育の場合、散歩後の四肢を清潔に

質問1:ワンちゃんのお散歩など気をつけることはありますか?

八千代動物病院院長 獣医師 桑島英美先生
先生のかんがえ

ご質問ありがとうございます。

ワンちゃんのお散歩についてですが、厚生労働省をはじめとした公的機関からは明確な基準が示されておりません。

ですから、あくまで私見でお答えをさせて頂きます。

結論から申し上げて、通常のお散歩の方法であればそれほど心配することはないと思われます。

あえて注意すべき点を申し上げるとしたら

 

  1.  お友達とお散歩中に出会った場合、お連れになっているご家族がソーシャルディスタンスを守り、ワンちゃん同士もじゃれあうなどしないように気をつけたほうがよいでしょう。
  2. 感染者による飛沫が付着している可能性を考えて、草むらなどになるべく入れないようにしましょう。これはノミダニ感染を予防する上でも効果があると考えられます。
  3. 屋内飼育の場合は散歩から帰宅後に四肢を清潔にしましょう。 

 

可能であればシャンプー剤を使用した方が効果的と考えられます。

また犬よりも猫科の動物のほうが感受性が高いという報告が上がっていますので、猫ちゃんを一人でお散歩に出すことは控えたほうが良いと思われます。

これは感染症だけではなく不慮の事故を避ける意味でも重要です。

いずれにしてもご家族皆様が感染されないよう三密を避け、マスク着用と手指衛生の徹底をしていくことが結果的に大切な家族の一員であるペットを守ることにつながると思います。