toggle
2020-06-15

第2回 新型コロナウィルスに関する市民アンケート

  • 調査地域 八千代市内
  • アンケート実施期間 2020年5月15日〜5月31日
  • 有効回答数:30
  • 調査内容 基本属性 / 認知状況 / 不安と相談先 / 情報源 / 今の現状 / ストレス解消法

基本属性

 

認知状況

1 新型コロナウィルス感染症(COVID−19)への関心と理解

とても気にしている、かなり気にしているの合計は80%と高い結果となり、わりと気にしているが20%と全ての方が気にしている事がわかった。4月と比較すると、とても気にしているが23%減り、かなり気にしている方が23.3%増えた。

理解している、わりと理解しているの合計は76.6%となっており理解度が高い事がうかがえます。4月と比較すると、かなり理解しているが10%増えた一方で、わりと理解していない人も13%増えている。

 

 

不安と相談先

1 不安感と要因について

  • 「とても不安」、「不安」、「わりと不安」が90%と9割の方が強く不安視されている一方で、4月との比較では、「とても不安」が27%減少し、「わりと不安ではない」が10%増えている事から、不安感は多少落ち着いてきているものと思われる
  • 不安を感じにくい理由として、「重篤になる確率が低そう」「情報に慣れてきた」
  • 休校については、74%の方がストレスと心のケアを心配している

 

1 相談について

  • 63.3%の方が相談できる場所があるに対して、36.7%の方は相談できる場所がありません
  • あると答えた方の相談先は、「家族」が最も多く、次いで「友達」となりました。

 

 

 

家族 13
友人 4
職場仲間 4

今の現状

1困っている事について

  • 「自分や家族のストレス」が50%と最も高く、次いで「買い物」「運動不足」「正しい情報が分からない」となった
  • 4月と比べ、居場所の不足が減少した一方で「子どもの預け先」が33%増えた

 

今の暮らしぶりや不安点について 【自由回答 一部抜粋】

▶︎食費の比重がかなり重くなった事と、子どもを外出できなくなった事

▶︎育児、家事、掃除疲れ、偏食傾向

▶︎4月15日までとても不安でした。今考えると、未曾有の情報に毎日接していること、収入面、職場の不安が主でした。ですが、1日中つけていたニュースを消し、決まった時間だけニュースは見るようにしました。

▶︎子ども(小学生)の学校生活が不安、宿題が与えられるだけの一方通行な学習で他県、他市に比べると学校側からから生徒への連絡がなさ過ぎる。学校側が生徒に無関心ともいえる対応には驚いている。都内住まいの知人の学校では休校になった3月始めから、担任からの電話や訪問がずっと行われているそうです。

▶︎仕事の遅れ、子ども達の学習の遅れ

▶︎マスク不足

▶︎今後の世の中の変わり方

▶︎何もかもが普通じゃない生活なのて。八千代市はマスクしない人が多過ぎます。

▶︎議会や行政が焼け太りしそうな強引なことをしてたり、すべきことをさぼってたりするのが許せない!

▶︎会社の売り上げ減少

▶︎収入面がとても不安。市ではなにもしてくれない事に、とても不安を感じる。

▶︎育児家事掃除疲れ、 偏食傾向

▶︎これほど行動を制限するよう指示され、家前の歩道掃除の際、何気なくかわしていた人とのコミュニケーションを躊躇している。コロナではなく今は行動を監視し、行きすぎた警告をする人が増えたことが怖い

▶︎見えないウィルスに買い物さえも神経を使う。買ってきたものを消毒した方がよいと聞くが、本当?とか、、、。

▶︎今までのように人との交流ができない 子どもや孫に会うことも控えている

 

ストレス解消など、ご自身で工夫されている事はありますか?【自由回答 一部抜粋】

▶︎感染しないさせないため、出来うる限りの自粛努力を続けるだけ。今は我慢の時だと思うし、電気水道ガスが当たり前に来る生活を有り難いと捉えている。

▶︎個人による散歩 サイクリング

▶︎食べることを楽しみ、ストレス解消できるよう、美味しいモノ、好きなものをいつもより我慢せずに買う。

▶︎テレビのワイドショーや情報番組は極力見ないようにしています

▶︎マインドフルネスの実行

▶︎自営業なので在宅でも仕事は山ほどあるが、思い切って子供との時間、家事を優先している(子供たちがいて仕事にならないストレスを回避するため)

▶︎笑うように勤めている

▶︎適度な運動 オンライン会議

▶︎花をみる。花を育てる

▶︎あまり考えすぎずベランダで映画を観たり音楽を聞いたりする

▶︎たまにはお店のテイクアウト等を利用して、贅沢をする

▶︎趣味に没頭(洋裁)、できるだけ家で運動

▶︎早朝散歩、配偶者との会話

関連記事